賃貸経営の投資方法

賃貸での資産運営について

リノベーションの情報

賃貸アパート経営で資産運用

老後の生活資金のために、賃貸アパートなどの不動産に投資して入居者の家賃収入で資産を増やそうとする人が多くいます。通常は自分でアパート経営をするためには土地が必要になりますが、投資会社の用意したアパートに投資をするだけなので手軽に始められるのが魅力になっています。アパート経営で高利回りを得るためには入居率を高くすることが重要であり、入居者が住みやすい魅力的なアパートに投資することがコツになります。不動産に投資をするときは利回りばかりに気を取られずに、入居者目線に立った賃貸物件に投資をすることが大切です。

利回り重視の物件探し

利回りを重視した賃貸物件を探す際には、物件価格と年間賃料といった大きく二つの数値の関係から探しだします。物件価格が安ければ安いほど、利回りは上がります。今度は年間賃料が上がるときでもその率は上がるようになっています。この数値のバランスが大切なのですが、一般には10%を目安と考えるといいわけですが、場所によっても大きく変わります。都心と田舎の賃貸物件では都心の率のほうが低くなります。つまり、同じような賃料でも物件価格が高くなってしまうということです。しかし、実は空室リスクは都心のほうが低くなります。