賃貸契約の必要事項

賃貸物件契約に必要なこと

リノベーションの情報

賃貸物件を契約するときには

賃貸物件を契約するときには、「重要事項説明」という契約書類があります。これは、契約前に契約者本人に、この物件で良いかという判断をして頂く為の書面になります。この「重要事項説明」は、以下の様なことが主に記載されています。物件の登記情報、「電気,ガス,水道」の供給状況、契約解除に関する事項、損害賠償額の予定額又は違約金に関する事項、支払金,預かり金を受け取る場合の保全措置と措置概要、その他多数大変重要な部分になりますので賃貸契約時に不明な点があれば不動産業者に質問をされることをお勧め致します。

賃貸物件のメリットは

賃貸暮らしでのメリットは家族構成の変化にも対応できるという点です。今住んでいる家が家族が増える事によって手狭になった場合、もっと広い間取りの賃貸に引越して広さを容易に解消できる点は住居が固定されていないからこそ可能です。待機児童が多い地域であれば、比較的預け先が確保しやすい地域に引越するといった手段もあります。子供が巣立ってしまった場合でも残された夫婦は高齢者専用のバリアフリーが充実した物件に住み替える事も容易です。