賃貸の騒音問題事情

賃貸暮らしの注意について

リノベーションの情報

賃貸での隣人トラブル

以前入居していた新築賃貸アパートの2階での出来事です。新婚で入居して、子供ができ、2歳になったころ、下の階に30代の新婚さんが越してきました。子供は、動きたくて走り回りたいときも静かにと注意したり、外に出かけ発散させたりしていたのですが、1階の奥さんは、家にいたようで、ある時不動産屋さんから電話連絡があり静かにしてほしいと近所の方からいわれましたと、、防音用のくっしょんをひいたり、子供に注意をしたり最大限に注意をしたのですが、1階からどんどんと棒のようなもので、突き上げる音が毎日響くようになりました。隣人トラブルとはこのことでしょうか。うるさくしてすみませんと謝りました。賃貸の2階アパートでは、防音の工夫を重視することをお勧めします。、やはりやむことはなく、こちらから引っ越ししました。

隣人トラブルに関して

賃貸を契約するときに気になるのがまず隣人トラブルです。ニュースでもふとした時に、この隣人トラブルがきっかけで悲惨な事件になるのも見ます。契約する時には、隣人の事に触れないから、引越しするまで判らないのが怖い所です。引越しして、隣人が良い人だったとしても、音が漏れる等些細な事でトラブルに発展するということも起こり得ます。それを防ぐには、賃貸部屋の壁の構造などチェック出来る所から防いでいくのが一番だと思います。音の漏れが無いような構造だったら、トラブルの種が減ります。このトラブルを起こさないようにするには、少しの事でも気に掛ける。これが一番なのかもしれないです。